Oct. 16; 人が辞める理由

人が会社を辞める理由の一番の理由は「会社がどこに向かっているのか分からず、何が役割なのか分からないから」という Fred の指摘。とにかくクリアなプランを作ってコミュニケーションしまくって、それを組織の各チームや各人にマップすること、と書いてますが、その重要性やあるいはその難しさというのは、スタートアップの課題を聞いて回っていても感じるところです。

What are we doing? にどう答えるかどうかは、他人のモチベーションを確認する上で重要かもしれませんね。サザーランドのスクラム本でも、「プロダクトを作ってる」と答えるか「ネットワークエンジニアだ」と答えるかで随分違う、とかいう話もあった気が。

Distribution が問題だ、という話。そのうち 50% はセグメンテーション、というかモデルユーザー。あとはプロダクトを作る前に distribution の基礎固めをしておくとか、口コミを起こすような衝撃的な体験を与えるとか。

YC の採択企業の傾向。YC は今後のスタートアップの盛り上がりエリアの leading indicator になると思うので、そういう意味でも注目です。
B2C はゲームとソーシャルが死滅、consumer services (dating とか daily deals とか)、逆に finance と commerce が伸びてます。finance は Bitcoin effect ではないとのこと。
B2B は vertical の比率が高いままで、Sales & Marketing が減少傾向(競争過多のため)。

YC の demo day を 9 年間見てきた人が語る、変化の印象。すっかり変わった、というのが一言目。面白い変化としては、より ambitious になった、とか、入るところが later になったとか(2006 年とかは YC の一週目にコードを書き始めたとかだったそう)、多様性が増して年が上になってきたとか(昔は 20–25 歳、今は 30 オーバー)。

Buffer による成功する tweet の定量分析。イメージがある場合は文字は短く、文字だけの場合は極力長く、というのが良いというのは面白いなと。あとハッシュタグの効果。

「全部うまくっているよ」という会社は大概うまくいっていないというか、うまくってれば成長痛とかあるし、awwsome だとは感じないだろう、というのは確かになと。

楽しみのために作っても良い、という Ryan Hoover の投稿。こういう初心を忘れないようにしたいところです。

関連して Sam Altman。会社ではなく、プロジェクトであり続けることの重要性と難しさ。無駄に会社にすると期待値が高まってしまうし、スタートアップのクレイジーなアイデアが死んでしまうので、プロジェクトであり続けようとすることが大事だというのは同意です。

Written by

The University of Tokyo, Ex-Microsoft, Visual Studio; “Nur das Leben ist glücklich, welches auf die Annehmlichkeiten der Welt verzichten kann.” — Wittgenstein

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store