なぜ仕事のように見えてそうでないようなものをしてしまうのか。それはゴールセッティングが良くないからじゃないか、という Aaron の話。悪いゴールを持つと悪いメトリクスを持って、そのメトリクスを達成するように進捗を最適化したりするけれど、それは何の役にも立っていないので注意しましょう、と。

進捗に見えてそうでないものの例として以下の様なものが挙げられてます。
・大企業との会話(ほとんどリードにならない)
・プレスでの言及(承認されるのは気持ちいいだろうけど顧客とのエンゲージになってない)
・アワードでの勝利(同上)
・有名人からのリツイート(プレスと同じだけどより悪い)
・有名人とのミーティング
・ダボス会議のようなエリートカンファレンスへの参加
・Eyeballs — Web の訪問者数(メディアサイト以外にとっては無意味)
・トータルの登録数(使ってないと意味ない)
・採用(仕事が回らなくて採用するのはいいけれど、世界級のチーム作り目的だとダメ)
・資金調達(資金は目的を達成するためのもので、成功の指標じゃない)
・YC を含めたアクセラレーターに入ること(成功を約束はしない)

ものすごく同意するところではありますが、正しいゴール設定って本当に難しいなと思う次第です。

類似の話題で Fred の計測することととトラックすること。良い人や良いスタートアップは計測とトラックをやるべきことリストの上の方においている、という話。お金を使うにしても、期待した成果と実際の成果を比べたりとか。

Chris Dixon のインタビュー。Hofsteader とか Daniel Dennett とか好きとか言っててやっぱ Chris いいなぁと思いました。Harari の Sapiens は読んでなかったなぁと。

次に起業するときは 5 人の採用パイプラインを持ってからやる、という起業家のコメントから。採用計画があるということは、何をするかもある意味決まっているということで、その辺の舵取りは難しいなと思います。とはいえ、誘えるような優秀なジェネラリストは何人も知っておきたいところだなとも思いますが。

あー、これいいかもですね。Quick Ratio という新しい指標の提案。レベニューベースで Quick Ratio = (New MRR + Expansion MRR) / (Churned MRR + Contraction MRR) で、これが大きければ大きいほどよい。言い換えると (Monthly Growth Rate + Churn Rate) / Churn Rate。うまくグロースとチャーンが計算式に入ってて、一つの指標で見れるところは便利だなと(抽象度高くなりますけど)。

QR = 4 を目指すには、たとえば 15% Growth /month で 5.0% Churn / month。もしくは 20% growth だと 6.7% churn / month まで許容できる、という計算。かなり growth してないと 4 には届かなさそうですが。

Kenny van Zant のインタビュー。フリーミアムが効果的なのは、セールスドリブンではなくプロダクトドリブンで、潜在顧客が数百万いて、価値を感じるのに長期が必要で、そして良い資本政策をしてるところ、とか明文化されるとなるほどと思います。

Y Combinator と Paul Graham は世界にとって悪である、という主張の記事。主な論拠はスタートアップが、創業者や投資家にとってはで何かしらのリターンがあるものの、従業員にとってはとてもリスクがある選択肢である、というところ、と、個人的な体験から。

っと個人的かつ感情的な文面が多くてこの文章をそのまま受け取るのは厳しいのですが、やり玉に挙げられているスタートアップ従業員の問題は難しくて、前職のときの職業柄(と今も個人的な興味関心的にもそうですけれど)、スタートアップの中でも創業者じゃなくて創業者以外の人たちとも話すことが多く、なおさら難しさをひしひしと感じているところです。一昨日もちょっと内々で話題に出たのですが、創業者ではないスタートアップの従業員はスタートアップに来たとしても、大きな金銭的なリターンは見込めないことが多くて(特に二桁番目の参加とかになってくると)、しかも founder-class の人が上司として外部から入ってくる人も多いので、かつては fouder と employee は一心同体的な感じだったのに、今や founder-class と employee-class、そして investor-class に分かれてしまっていると。

だからこそ、スタートアップはオプションプールを大きく (20% ぐらい) とっておいて、かつ小さなチームを志向することで、従業員も創業者も幸せになるようなすべきなんじゃないかと個人的には思うのですが…。ほんとう、大企業は小さな企業を羨ましく思っているのに、スタートアップは大きくなりたがるのはなぜなのでしょうね。

Written by

The University of Tokyo, Ex-Microsoft, Visual Studio; “Nur das Leben ist glücklich, welches auf die Annehmlichkeiten der Welt verzichten kann.” — Wittgenstein

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store