Nov. 13, Customer Support Book

Intercom によるカスタマーサポート本の提供。

インターネットビジネスはマネタイズが recurring revenue になっていて、かつセールスとサポートの垣根が曖昧になってきている昨今、サポートの重要性が増してきていて、それに対してフリーユーザーをサポートすべきか、どうやってサポートチームをスケールするのか、等々に答えた本だそうです。100 ページ越えててまだ全部読めてません。

ダウンロードには他の人のメールアドレスが必要なのでご注意ください。この辺も含めて、来週のセミナーでお話できればと思います。

Product Hunt による Jessica Livingston のインタビュー。1,000 以上の YC の面接をしてきた彼女のインサイトとして、自分自身の課題を解決する、その課題をきちんと理解するってところが大事、と言ってるのは印象的です。

Product Hunt のリニューアル方法をステップバイステップで。パブリックで InVision のモックを公開してたのは凄いなと。

毎月投資家アップデートしよう、という記事。書くべきリスト(サマリー,チームと採用、プロダクト、プレス、メトリクス、財務、その他)も。投資家向けではないですが、私も一部の方々に向けて 2 週間に一回ぐらい活動のアップデートしていこうかなと思っています。

おおお、Misfit が Fossil Japan に $260M で買収!
SXSW でも日本勢がお世話になってた Misfit なので感慨深いですね。

昨日リアルでお話を聞いてましたが、esa.io の WIP 機能を実装した背景や意図などをまとめた、以下のスライドは大変良いなぁと思います。

WIP を公開するにはチーム内での信頼感の強弱や、何が良いフィードバックなのか等を調整する必要があると思うので、一概にすべてのチームに入れるべきとは思いませんが、うまく導入できた時にはお互いのコミュニケーションを誘発できるという点は良さそうだなぁと。このあたりある意味一昨日辺りにバズっていた分報 (https://c16e.com/1511101558/) も、WIP を更に細かくしたものとも言えそうです。

とある企業では 3 割程度の完成度で絶対に見せること、とかを強制していると聞きます。MIT も 2 週間に一回は必ず制作物を途中でも見せることがあるそうです。もちろん情報量が増えてしまって破綻する日も来るとは思いますが、途中のものを見せ合うというのは、今何をやっているかを示す上でも重要だなと。

個人的には Amazon のレビューとかも、WIP というか、Twitter とかチャット的な UI で、まとまった文章を書かなくてもガンガン共有していける、みたいなのもいいんじゃないかなと思います。その動画版がニコニコ動画だったりするのかもしれませんけれど。

Written by

The University of Tokyo, Ex-Microsoft, Visual Studio; “Nur das Leben ist glücklich, welches auf die Annehmlichkeiten der Welt verzichten kann.” — Wittgenstein

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store