May 27, 何をすべきでないか

YC の Aaron による、YC の後に方向性を見失う創業者が多いということで、何をすべきで何をすべきでない話。「有効そうにみえるけれど実はそうじゃない」活動して、ブログ、顧客のいないパネルディスカッション、カンファレンス、他の創業者へのアドバイス、他のスタートアップへの投資、ネットワーキングパーティーへの参加など。逆に「有効には見えないけれど有効なもの」は investor update と共同創業者やチームと話すこと。

スタートアップのオフィス探しについて。思ってたよりも早くその時期が来るので、半年以上前から軽く場所探しをしておいて、2–3 か月前に活動的に探すのが推奨とのこと (US では、ですけど)。

Hyper-growth なスタートアップに入った COO の感想。ほとんどのオペレーションは壊れてて、それでも動いているとか、課題を解決するよりも人を採用しなきゃいけないとか、面白いです。

Khosla Ventures による、if/then planningの話。contingency plan を持て、など。basic principle の「運が来るまで持ちこたえろ」というのはいいですね。

Customer Success チームの位置付け。この 4 stagges の分類で、どこに位置付けるかはわかりやすくていいですね。Sale -> Deployment -> Adoption -> Expansion で Deployment/Adoption が CS、Sale/Expansion が AM。

Uber for X がすべての vertical では存在できない理由。理由として、Uber のようにサービスの簡便性が実現できるかどうか、そして購買頻度が低すぎて忘れ去られないか、オンデマンドのユースケースになっているのか、など。

Written by

The University of Tokyo, Ex-Microsoft, Visual Studio; “Nur das Leben ist glücklich, welches auf die Annehmlichkeiten der Welt verzichten kann.” — Wittgenstein

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store