白血病が発覚して、スタートアップを売ることに決めた Photojojo CEO の話。なかなか胸に来るものがあります。

モバイルファーストはもう時代遅れで、スクリーンサイズの問題だ、という記事。デバイスや OS にフォーカスするんじゃなくて、ファブレットや watch など、スクリーンサイズを問題にしよう、と。Intercom は jobs to be done モデル採用してるんですね。

YC の Aaron による投資家向けアップデートの書き方 tips。メトリクスや成長率とリクエストを添えて毎月送りましょう。できればチャート付きで。

mobile-only SaaS の話。Intuit の調査によると、Uber, Homejoy などの登場で5年以内に 40% の人がフリーランスになって、そこに mobile の機会があると。

トラクションという曖昧な言葉ではなく、きちんとメトリクスを設定することの重要性。多くの創業者はその辺ができていないという指摘です。最初の product/makert fit の足がかりは100人が定常的に使っていて、うち40人がプロダクトがなくなったらとても残念に思う、という状態が良いのでは、と。あとはB2B だと T2D3 とか言われてますしね。fit と growth に分けて考えるというのは確かになと

http://blogs.wsj.com/accelerators/2015/05/12/christina-bechhold-minding-your-startup-metrics/

IdeaLab の Bill Gross によるスタートアップの成功の要因調査。結論としては、ビジネスモデルやアイデアやチームではなく、タイミングが重要だった、という話。

VC が犯しがちな間違い、という投稿に対する話。チームやプロダクトやマーケットを VC が修正できると思いがちだけれど、実際はそうじゃなくて、ヘルプできるのはもっと別のところ(他のスタートアップでのベストプラクティスや良い質問をするところ、良いメトリクスを追いかけることや具体的なヘルプなど)だ、という話。

Peter Thiel の Lean Startup の誤解についての記事を短くまとめていて良いなと。

Upfront による 2014 年の LA スタートアップのまとめ。Snapchat, Tinder, Oculus 等々、いろいろ動きのあった一年でした。

Europe のスタートアップが SV や NYC に移るべきかどうかの議論。日本にも適用できる話が多くて面白いです。結論としては状況による、というところですが。US のマーケットがプロダクトにとって重要かどうかで US に移るべきかどうかを決めた方が良くて、あとはモチベーション次第。仮に US に行きたいということになったら、YC や 500 などのアクセラレータはとても助けになるだろう、というのと、seed 2 ぐらいで US で fundraise すれば良いのでは、という話。

なぜデザインに美が重要なのか。

大企業のキャッシュの金余りがスタートアップにとって好ましい理由。株の買い戻しとかをやるしか能のない、リスクを取らない大企業が増えているということは、それがスタートアップにとっては絶好のチャンスとなるだろう、という話。

創業者社長のほうが雇われ社よりも valuation や value を出す傾向にある(value に至っては約2倍)という Michael Abbott の投稿。ただ M&A については professional manager のほうが成績が良い、というのは面白いですね。

Written by

The University of Tokyo, Ex-Microsoft, Visual Studio; “Nur das Leben ist glücklich, welches auf die Annehmlichkeiten der Welt verzichten kann.” — Wittgenstein

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store