Series A 調達のために、何回ぐらいスタートアップはVCにピッチすべきか、という話。もちろん magic number は存在しないという上で、数字を取ってみると、Ad Tech 系スタートアップの 数字が大きくてびっくりです。まあ大体 10 以上コンタクトして、8割ぐらい一度ミーティングして、さらに減って…という感じでしょうか。パートナーにピッチするまでに辿り着くのが結構大変。

http://nextviewventures.com/blog/how-many-vcs-should-you-pitch/

SAFE の運用から一年。おおよそ現状がどういう感じで、どういう風に起業家やVCから受け取られているのかがなんとなく分かります。中々すぐに切り替わるということは難しそうですが、起業家側にはメリットのある契約だと思うのでうまく広まってほしいですね。

小型衛星の Planet Labs が $70M を調達。評価額では Google に $500M で買収された Skybox Imaging を超えたみたいですね。Skybox とのすみわけは、Planet がイメージング特化、Skybox がインターネットをより広げる、というところだそうで。

SaaS スタートアップの資金調達の中央値。IPO前までに$88Mぐらいの調達をする傾向。1–2 年目には $4–6M、Series B で 15- 20M、Cで20Mで、Dで40Mぐらいと。資金調達の回数もおおよそ4, 5回ぐらい。$50M 以上の調達は 2014 年にかなり多かったみたいですね。合計 $4B って…。

Microsoft Research Mountain View の人たちのその後。少なくとも 8 人が Google、5人がVMWare、2人がAppleへと。

Founder の特性を Scientist, Expert, Outsider に分けて、それぞれの強みと弱みとするべきことを解説。Scientist はやはりテクノロジーの価値をできるだけ検証する、というのは仰る通りだなぁと。

PG の「プラットフォームと言う言葉を使わずにアイデアを説明しよう」という tweet の掘り起し。2013Wは28.2%のYCのバッチ参加者がプラットフォームと言う言葉を使っていたようで。そりゃそう言いたくなりますよね、という気がします。

Product Manager 向けのサーベイの結果の一部を引きつつ PM の話。サーベイの結果通りミーティングが多そうですが、PMという形でプロダクトに関われるのは本当に良い経験だなぁと思いますね、個人的に。

記者と個人的なつながり (といっても TC Disrupt NY) があり、さらに相手の背景を知っているからこそ TC への記事掲載に成功した事例。メディアを distribution center として見るのではなく、中で働いている人が一人の人間であることを知るというのは重要ですよね。

Bitcoin 関連スタートアップへの投資時系列。こう見ると CoinBase への 75M がどれだけ大きいのかってのが分かります。

スタートアップが自分に問うべき質問。スタートアップは革命的でなければならない、という話から、具体的な5つの質問に落としてます。特に理由重視という感じですが、まあ Ben が言う通りTech系は既存の10倍以上の効率化が必要というのはその通りだなぁと思います。

Written by

The University of Tokyo, Ex-Microsoft, Visual Studio; “Nur das Leben ist glücklich, welches auf die Annehmlichkeiten der Welt verzichten kann.” — Wittgenstein

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store