Feb. 3 , Campbell and 500

エンジニアにはお金がすべてではなく、面白いテクノロジや学ぶ機会を与えることで会社に入って来てくれる、という NYU と Wharton の論文からの記事。2006–2011 年のGlassdoor のデータを使って調査したところ、比較的イノベーティブではないテクノロジに移るとき、技術者は他の人たちに比べて 2% 以上高い給料を払わないと移ろうとしない、という結果に。ここから示唆されるのは、古いテクノロジを使っている企業が技術者を引き止めるのは難しいというのと、また学習の機会が重要だという話。圧倒的成長…?

500 Startups のアクセラレータの様子をオープンに。最初に Metrics と Distribution を持ってきているのが 500 らしいなと。あと月曜日は Lunch Talk、火曜日は Batch Meeting、水曜日は Dinner & Fireside、木曜日は Pitch Dev. みたいな定期的な予定があるんですね。500 Startups The Fail Factory というのが最初の名前候補だった、というのは面白いのと、そっちのほうが良かったんじゃないかと個人的には思います。

https://medium.com/@destroysultan/500-week-1-2-first-impression-f9eccb2d77c8#.jlaxm7mwj

Dropbox や DoorDash に投資してきた Pejman Mar Ventures のパートナーが自生を振り返りつつ、成功する起業家の資質について振り返ると、「20個のアイデアの中から1個のアイデアを選ぶような人ではなくて、アイデアについて昔から考えていて、小さくてもリアルな課題を解決しようとしてる人」というのが最初に来てるのが印象的でした。あとは共同創業者と前に何かをしてた人とか。

https://medium.com/@pejmannozad/tech-s-most-unlikely-venture-capitalist-bb002488f297#.y33gb8i2w

NY のシード投資に関する NextView によるまとめレポート。Media や FinTech とかが多いところを見ると、やっぱり土地柄が出るなぁという印象です。タレントも数世代経てきて増えてきてるなと。

http://www.slideshare.net/nextviewvc/state-of-ny-seed-next-view

研究プロジェクトを評価する際に、評価する側の人の専門領域に近いほど、その研究を低く評価し、あまり知らない新規の分野は高く評価する、という「知的な距離」の判断への影響に関する論文。前から別の場所でも言われてた気がしますが…。

多分投資側もそうなっちゃう、というか、逆に言うと「よく分からない凄そうなの」に投資してそうだなーという気もします。

サステナブルでスマートなグロースが必要な時代になってきている、という指摘。SaaS はたとえば Sales Efficinency がそのためのキーとなる指標だそうで。ただここ数年の調達環境が良かったせいか、公開企業の Sales Efficiency が明らかに下がってきているのは興味深い指摘ですね。

Upfront による 2016 年の投資に関するサーベイのまとめ。ここ数年はグロースよりも価値をちゃんと作っていきましょう、という雰囲気になっているのが伝わってくるなと。

http://www.slideshare.net/msuster/upfront-vc-analysis-2016/35-159_VCs_surveyed35Fund_type0204060Angel_Seed

シードステージを中心に投資している SparkLabs Global Ventures による 2 年間の振り返りとまなびについて。ハードウェアはほんとにハード、というのはなかなか…。

モバイルファースト、などのデバイスじゃなくて、Jobs-to-be-done モデルからスクリーンサイズを考えて、デバイスのことは考えないようにしようというもっともな話。

https://medium.com/intercom-inside/why-mobile-first-is-outdated-f10a3dc357bd#.ccsgzfaue

こっちはモバイルエンタープライズの予測。Geo + Historical、AR、センサーネットワークなど。

https://medium.com/intercom-inside/why-mobile-first-is-outdated-f10a3dc357bd#.ccsgzfaue

Steve Jobs, Jeff Bazos, Larry Page などのメンターを引き受けてきた Bill Campbell のメンタリング論。最初に聞くのは 「何を治そうとしているのか、何ができるのか、人なのか、テクノロジーなのか、プロセスなのか?」や「なぜ 1 on 1 をするのか、スタッフミーティングをどうやって行っているのか?いつアジェンダを準備するのか?どうやってそれを送るのか?どうやって参加して欲しいのか?」あたりだとか。自問自答の質問集として使えるかもしれませんね。

アドバイスを求められる機会が増えてきたものの、なかなか良いアドバイスができたと思えることはありません。その辺うまくやっているであろう Bill Campbell の話は勉強になります。

Written by

The University of Tokyo, Ex-Microsoft, Visual Studio; “Nur das Leben ist glücklich, welches auf die Annehmlichkeiten der Welt verzichten kann.” — Wittgenstein

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store