YC のパートナーの人たちがみんなシェアしてるなと思ったら確かに心洗われるいい記事でした。スタートアップにとっての優先順位の付け方。

基本は一つ metric を決めて、それに集中すること。とにかくその metric の growth に集中しろと。

ただどの metric にするかでいろいろディスカッションがあるので、例えばプロダクトなら (b × d) / c で計算して決めるのはどうか、という示唆でした。ここで b は breath, d は depth, c は cost。

やっぱタイムマネジメントに苦労してるスタートアップは結構拝見してるので、こういう指針が出るのはありがたいです。

あと前々から話に上がってた、YC のセールスの契約書テンプレートが公開。あとでじっくり読みます。

sama の中国に対する話。中国の成長っぷりに対して US が対抗する手段として、

How has the US done this? One important way has been our excellence in innovation and developing new technology.

ってのはほんとそうだよなぁと。そのためにスタートアップに投資してるというのは、Requests for Startups 見ててもわかるってところが凄いなと。

セールスの契約書、いいっすね。SaaS に限って使えますけど、パイロット期間をちゃんと取ってるところとか普段 YC が言ってることに即してていいなと。あとリバースエンジニアリングの禁止の条項とか、ソフトウェア系でよく見る条項もきっちり入ってるなぁと。こういうとき Product Manager やって EULA とかよく見てて良かったなと思います。何事も経験ですね、ほんと。

しかしメトリクスを決めて実行するのはほんと難しいなと。度々リマインドしないと自分じゃ忘れちゃいますし。特に雑用が多いときは。
そういうときにこういう基本動作を繰り返し伝えてうまく作用するのがエンジェルとかアクセラレータの意義なのでしょうか。YC が火曜日にやっているようなそれが。

何はともあれ、セールスの契約書がオープンソースで公開された、というのは YC のセールスを重視する姿勢でもあるのかなと邪推してしまいます。 do things that don’t scale というか。

Written by

The University of Tokyo, Ex-Microsoft, Visual Studio; “Nur das Leben ist glücklich, welches auf die Annehmlichkeiten der Welt verzichten kann.” — Wittgenstein

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store