Feb. 1; Designer Hiring

Google Ventures による Designer の求人広告の出し方。最近 IoT 関連でインダストリアルデザイナを紹介してほしいと言われることが立て続いたので参考になります。まあしかし GV でも2年で30人のデザイナー斡旋という数を見ると中々難しそうだなぁと。

「もう資金調達はしない」というコメントをする創業者に対する Feld のコメント。PG の Fatal Pintch を受けての記事ですかね。「資金調達するかしないかって今後数年後どれぐらいの速さで成長したいかに寄るよね」という真っ当な意見なのですが、かといって資金調達は必要って言っちゃうと資金調達に時間を使いすぎちゃうからPGは「これが最後の資金調達だと常に思え」と書いたのだと思うのですが…。PGの肩を持ちすぎでしょうか私。でも Wufoo っていう、$118kだけの投資に対して約30,000%(誤字ではない)というリターンを叩きだした事例が YC にはありますから強いですね。

Asia が $100M 以上が増えているのは感覚的に分かるのですが、$100M 以上のExitに関しては、Capital Efficiency は Asia よりも Europe のほうが良いのですね。

USVの投資先がどんな seed round を経てきたか。Delicious, Tumblr, Etsy, MongoDB, 4sq, Kickstarter などなど、NY出身の有名スタートアップの初期の成長っぷりが分かる良い記事ですね。Product/Market Fit まで$1Mの投資もいらなかったところ。

投資家向けアップデートから何が得られるのか、という記事。面倒くさいという声も聞きますが、レポートを書くことによって、ask for help できるし big picture を見直すこともできる(特にseed段階は目の前のことにとらわれがち)、それに何を知らないかを知らないとき(たとえば37%のRetentionが良いのか悪いのか分からない、など)のヘルプになる、と。それに投資家に対するリスペクトも示せるし、良い関係性も保てるので毎月アップデートするのをお勧め。

Mark、「本当に差別化できているのか? ユーザーは製品に中毒なのか? ユーザーの生活を浴しているか? スマホやPCにログインしたときにおこるマインドシェアの戦いに勝ってるのか?」と何度も early traction を得たと思っている創業者に聞いているそうな。

Written by

The University of Tokyo, Ex-Microsoft, Visual Studio; “Nur das Leben ist glücklich, welches auf die Annehmlichkeiten der Welt verzichten kann.” — Wittgenstein

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store