Seed Money では昔から $750k — $1.5M あたりを狙いがちな企業が多いけれど、それはちゃんと考えなおしたほうがいい、という記事。特に最近Series A 調達のためのバーが高くなっているので。そのために seed money の用途を「Prodcut/Market Fit に辿り着くためのお金」と「Series A までの growth を稼ぐためのお金 (growth seed)」という風に二つに分けて考えて、$1M ぐらいだと前者だけではちょっと多く、後者をすべてカバーするまで行くにはちょっと足りない。だから多くのスタートアップでは次のroundの調達とかに苦労してるっぽいので、きちんと調達しましょうという指摘。仰る通りだなと。

かつ PMF の indicator として「プロダクトを愛してくれる(継続してくれる)顧客が存在すること」「十分なマーケットが実際にあること」「CPAやLTV, growth rate などの自分たちの経済性を十分に理解していること(つまり1ドル払えば0.00xユーザー取れる、とか)」「スケール可能な複数のチャネルを見つけている、あるいは気づいていること)」。ここまでたどり着くのであれば $250k — $600k でいいのでは、という提案もあっていい記事です。ちなみに最近は Series A としては $1.5M — $2.5M ぐらい狙うところが多いとのこと。

上記の記事で refer されてたこのキャンペーン一覧記事もいいですね。

同じくいつのタイミングで Series A を調達すべきか、という記事。こちらも PM Fit 後、という指摘。X ドル突っ込めば Y ドルリターンが来る、というのが分かるタイミング。

HowAboutWe の CEO による投資家に対するピッチのやり方の解説。スタートアップ側はあくまで buyer であり、投資家が自分に足るかどうかを確認すべき、というのは仰る通り。あとピッチは story telling であり、情報共有と捉えないほうがいいというのは分かりやすくていいかもしれませんね。ストーリーって言葉は嫌いですが。あとは最後に自身を付けるために練習が必要と。

これも載せてなかった気が。Paul Graham の「変わりゆく世界の中でどうやって専門家になるか」。専門家が間違うのは世界が変わっているため、専門家は前の世界の専門家だけれど、変わりゆく世界の中では専門家であり続けるのが難しい(そしてだからこそ素晴らしいアイデアが最初は酷いものに見える)、という前提から出発して、世界が静的なものだと暗黙的に思い込むことを辞めるとか、予測するのではなくオープンマインドであり続けて世界の変化にセンシティブであり続けるとか、アイデアではなく(ある種病的な)人に注目するとか。投資家目線ですね。

最初のフィードバックの入手方法。Linkedin から人を集めて、こういう風に聞いたとかという具体例の一つとして。What would be the biggest obstacle to adopting it?と聞くのとかも重要ですね。

スタートアップの休みの取り方。休みを取ったからと言ってコミットメントが小さいというわけではなく、年末年始も働くとバーンアウトするので気を付けてね、という話。SVのスタートアップは 90% が仕事で 10% が人生の配分がいいと言われているというのは面白いですね。

VC が関わったHealtcare 系のスタートアップのExit、今年の20個。意外と Healthcare でも acquisition 多いんだなと思いました。知ってる VC も少ないし、Healthcare 系はちゃんと勉強しないとなと。

Web Design のトレンド。2015というか2014に流行ったデザインという感じですがまとまってて良いなと。Circular Progress button は確かに流行った気がします。

Google Ventures の seed ラウンドの投資についての分析。follow-on は 67% と平均。Follow-on とかにもどの程度のアルゴリズムを使っているのか気になります。つーか Sequoia の rate 高いっすねー。

B2B スタートアップの4つのステージ。Product Market Fit から Repeatable Customer Acquisition、Maximize Growth と Maximize Profitability という区分けは分かりやすい。

VR 専門のアクセラレーター、 Rothenberg Venturesのマニフェスト。Internet, Mobile, VR と並べているのは面白いですね。

Founder はブログをすべきか、という疑問にすべき、という答え。実験のためとか、変わらせるためとか。

SEC が equity crowdfunding のレギュレーション制定を延期したことを受けて、Equity Crowdfunding は過大宣伝されすぎ、という記事。

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store