Unicorn スタートアップが Series A 時点でどうったのか調査してみましたレポート。特徴としては、見逃しがちなアイデア、競争の激しいマーケット、既存の消費者行動を再発明するものであること、テストされていない (untested) 創業者、マネタイズの方法がなかった(ユーザーベースのほうに重きを置いていた)。この前まとめたスライドと似たような話があって
なかなか考えさせられます。

アイデアといえば、この記事もとても良かったです。問題解決よりも先に世界の環境変化とか。

あと自分のスライドも再掲。なかなか受けませんねえ。ちょっとチェックポイントの数が多かったかなと。

Ben によるマーケットサイズを予測する方法。しばらく読めてなかったのですが、いいこと書いてますね。予測するためには、これからどうなっていくかとどれぐらいよりよく安くなるかを予測するだけじゃなくて、よりよく安くなったときに誰がそれを買ってどう使われるかの 2 つを知らなきゃいけなくて、特に後者が難しい、という話。実際 PC がこれだけ流行るというのは 1975 年には想定だにしなかったし、消費者に広がるために大きな影響を与えたのがインターネットだった、というのは当時予測するのが難しい。当時のタイプライターの市場規模は結果的に参考にならないし、とかそういう話で、だから Apple Watch とかも最初にデータが出てきても、それが Apple Watch の限界というわけではないかもしれない、という。

Google の HR の Senior VP の人が書いた新刊 Work Rules! からの引用。Google でどのような基準で採用をすれば、本当に良い人が採用できるかという。よくよく言われている、最初の 10 秒の直感は正しくなかったり、フェルミ推定やクイズもあまり役に立たなかったり、という最近の通説を踏まえた上で、じゃあ Google で何をやっているかというと、work sample test、general cognitive ability test、structured interviewなど、予測精度の高いテストを組み合わせること。で、そのための qDroid というシステムを組み上げた、というのは Google らしくていいなぁと。

ジャーナリストの VC 転向について。Moritz の話がメインですが、VC がコンテンツマーケティング系に力を入れているからとか、あるいはスタートアップ支援でマーケティングが必要だからとか、単純に投資というところ以外での採用の話は確かになと思いました。

スマホを含めたカメラの出荷台数。スマホのスケールがすごすぎて。まあ確かにスマホがなければ写真とか撮る習慣付かなかったなぁと。92% のスマホユーザーがカメラが最も使っている機能だ、というのもすごい。

Jessica による YC 卒業生のインタビュー集。時間があるときに見ないとなぁと。

USでの2014 年 の 140 件の Tech & Life Science 系 IPOについてのレポート。

Suster と Fred の対話。ブログに関する件、勉強になりました。

15–20 % の monthly growth が需要で、そのためにリピート可能なセールスプロセスを構築することが重要。

Keith Rabois の起業家向けリーディングリスト。

すごく細かい、「投資家からyes」をもらったあとのやることリスト。

開発者が操業する場合の tips 的な。YC が開発者に対してビジネスを中心に教えているから成功しているのでは、という話はなるほどなと。

Written by

The University of Tokyo, Ex-Microsoft, Visual Studio; “Nur das Leben ist glücklich, welches auf die Annehmlichkeiten der Welt verzichten kann.” — Wittgenstein

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store