狂ったアイデアかどうかを検証する方法

急成長するスタートアップを作るためには、まだ誰も気づいていない秘密に気付き、他人からは狂ったように見えるけれど実は良いアイデアを見つける必要があります。そうしたアイデアに気づくヒントはいろいろな形で提供されており、以前私も VC や Y Combinator で言われている方法を中心にスライドにまとめました。

Image for post
Image for post
http://www.slideshare.net/takaumada/how-to-get-your-own-startup-idea-46349038

そうした狂ったアイデアを思いついた後に重要なのは、「自分のアイデアが本当に狂っているかどうか」という検証です。

これまでほとんど誰も手を付けていない領域のアイデアかどうかを知るためには、他人のアイデアをある程度知る必要があったり、その業界周辺の “スタートアップの土地勘” といったものが必要になってくる場合があります。アイデアを思いつくこと自体はアートですが、検証の手法はサイエンス寄りであり、ある程度方針をまとめられると思うので、今日はそのあたりの情報をまとめてみます。

※注意

アイデアを思いついたらまず検索をする

しかしこうした一般的な検索では、既に大きくなっているスタートアップしか引っかからない、という状況が発生しがちです。

皆さんのアイデアに新規性があればあるほど、まだ注目されていない初期のスタートアップが競合になることが多いのではないかと思います。逆に競合が通常の検索で見つけやすいアイデアは、果たしてそれで良いのかどうかを再考するべきなのかもしれません。

初期のスタートアップを見つけるための検索法

Image for post
Image for post
CrunchBase (https://www.crunchbase.com/)

これらのサービスを使って、以下のようなことをしてみることをお勧めします。

1.個人投資家に注目する

たとえば、自分のアイデアに関連しそうな類似サービスを CrunchBase で検索して、Investors の欄を見てみてください。その中で個人名があればその人はエンジェル投資家である可能性が高いです。その人の名前をクリックして、ここ数年の投資先を見ていけば、自分のアイデアに類似しているスタートアップやヒントになるスタートアップが見つかるのではないかと思います(※ただしこれはそのエンジェル投資家に投資の一貫性があれば、の話です。逆に無名で一貫性のない投資家は「色々賭けておいてどれか当たればいい」というスタンスの可能性が高いので、あまり参考にならないかもしれません)。

また研究系の場合は AngelList で有名な研究者で検索してみると、その研究室出身のスタートアップが出てくることもあります。米国のトップスクールでは、教授陣がスタートアップのエンジェル投資家やアドバイザーとして入っていることも良くあるため、そうした人間関係を中心に調べてみると技術シーズをベースとしたスタートアップは比較的見つけやすいのではないかと思います。

なおエンジェル投資家の投資実績は CrunchBase よりも AngelList のほうが情報掲載量が多い印象があります。

Image for post
Image for post
AngelList のサーチ欄 (https://angel.co/)

2.トップ VC の Seed 投資

トップについての基準はいろいろありますが、CB Insights の VC 間の人気投票や、Forbes の Midas List などが参考になるのではないかと思います。

特に彼らが Seed で投資しているところを CrunchBase で見ていけば、初期のスタートアップの情報を得られる可能性があります。逆に Series A, B などで数十億円投資を受けているところは、同種のサービスを日本国内でタイムマシン経営をするには最適かもしれませんが、十分に狂っているアイデアとは言いづらいと思われます。

3.アクセラレーターの卒業生

そのほか有名アクセラレータの最近の卒業生を見てみるのも、土地勘を養う上では参考になるかもしれません。たとえば Y Combinator の卒業生は翻訳されていたりするケースもあります(W16 1, 2, 3, 4)。個人的には Stanford の Start X などが好きです。

Image for post
Image for post
http://seedrankings.com/

4.業界特化型の VC やアクセラレータに着目する

などなど、意外とマニアックな業界に特化した VC もあるので、業界特化の VC の動向を見てみるのは非常に勉強になるかと思いますし、今後の出資元の候補として知っておいたほうが良いでしょう。

狂ったアイデアを人に話して馬鹿にされる

それにアイデアを他人に話してみたら、自分の知らない似たようなサービスの情報を手に入れられることも多いでしょう。

スマートな人からは建設的なフィードバックなどを得られる可能性もあります。ただしアイデアに対する、すべての人の意見をそのまま鵜呑みにするのは危険で、ある程度のフィルタをかけたほうが良いと思われます。a16z の投資家である Chris Dixon の考えを元に、聞く相手別でおおよその傾向を決めてみるのも良いかもしれません。簡単に以下で紹介してみます。

関連業界の大企業に属する人

VC やコンサル

顧客候補

起業家

自分のアイデアが狂ってないかもと気づいた場合

類似のアイデアが見つかった場合

だからといって、そういう時は諦める必要はありません。単にタイミングが悪かっただけかもしれないからです。だから Sequoia Capital がよく問うとされている「Why Now」の問い、つまり昔と今とで変わっているところがあって、そこに勝機があれば今がまさに正しいタイミングとも言えます。

例えばモバイルコンピューティングが広がったことで、環境は大きく変わりました。AI や VR は昔から試されていましたが、技術の進歩のあった今の段階であればある程度成功する確率が出てきているかもしれません。また文化の変化によって Airbnb は受容されましたが、少しでも早ければ全然ダメだったかもしれません。Uber もきっとそうでしょう。

Marc Andreessen は「かつて失敗した、というのはネガティブな要因ではなく、ポジティブな要因だ」とまで言っています。アイデア自身が正しくても、タイミングが合わなければスタートアップは成功しません。むしろ Idea Lab の Bill Gross はタイミングが最も大きな要因とまで言うぐらいです。

どんな指数関数的な変化最初はゆっくりとしたものであり、それに早く気づいてタイミングよくそれに乗っかるかはとても難しいことですが、もう遅いと心配するのは、もしかしたら早計かも知れません

競合の状態の検証

「後悔最小化フレームワーク」を使った検証

1994 年に Amazon を始める前、Jeff Bezos が彼の輝けるキャリア (Princeton 卒業後、ヘッジファンドで最年少の Senior Vice President に就任) を手放すかどうかを考えた時に彼自身が編み出したフレームワークだと言われています。

80 歳になったことを想像して、「オーケイ、さて人生を振り返ってみようじゃないか。そこで後悔の数を最小化したい」と言ってみる。80 歳のとき、私はこのアイデア(※ Amazon.com)に挑戦したことを後悔してないだろう。インターネットと呼ばれる、本当に大きくなる何かに参加すること自体に後悔はしないはずだ。もし失敗したとしても、後悔しないと知っている。むしろ挑戦しなかったことに後悔することは間違いないし、それは毎日自分を苛むだろう。だからそれを考えると(起業することは)とても簡単な意思決定のように思えたし、そしてそれはとても良いことだと思った。(中略)… 短期的な考えはあなたを惑わせる。でももし長期的に考えれば、あなたはのちに後悔することのない、本当に良い人生の意思決定ができるだろう。

http://bijansabet.com/post/147533511/jeff-bezos-regret-minimization-framework

だからどんなに競合がいたとしても、あるいは誰から馬鹿にされても、キャリアの終わりに後悔しないと思うのであれば、そのアイデアでスタートアップに挑戦することは何ら悪いことではないと思います。

諦めない

そうした否定をされてもまだ信じ続けられる狂ったアイデアであれば、多分それが今現時点で最も良いスタートアップのアイデアと言えるのかもしれません。

Written by

The University of Tokyo, Ex-Microsoft, Visual Studio; “Nur das Leben ist glücklich, welches auf die Annehmlichkeiten der Welt verzichten kann.” — Wittgenstein

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store