技術革新には「インストール」と「デプロイメント」の二つの段階があって、その間にはバブルがある

どうしてソフトウェアが世界を飲み込むのか

Marc Andreessen が言った「Software is eating the world」はまさに今起こりつつあり、テクノロジー業界以外での様々な産業でソフトウェアが活用されようとしています。

この流れをより理解するためには、ベネズエラの経済学者であり、ネオシュンペーテリアンの Carlota Perez による Technological Revolutions and Financial Capital の論考を補助線にするとより腑に落ちやすいのではないかと思います(この本は Union Square Ventures の Fred Wilson がオススメしています)。なお、この議論はハイプサイクルよりもより長期の経済的発展に目を向けた議論になります。

インストールとデプロイメントの間にはバブルがある

彼女の主張によれば、すべてのテクノロジーには installation period と deployment period があり、そしてそのフェーズが境となるのはバブルと恐慌であると指摘しています。

http://www.slideshare.net/fred.zimny/carlota-perez-growth-after-the-financial-crisis/12

彼女は過去 240 年の技術の発展を見て、これまでに 4 つの技術革命があったと指摘しています。

そしてそれらにはすべて installation period と deployment period があり、そのフェーズの以降の間にはバブルと恐慌があったとしています。

第一の技術革命である産業革命 (1771〜) は 1793–97 にバブルと恐慌を迎え、その後バブルの投機を経て進歩した技術は次第に広く受け入れられはじめイギリスの発展を支えました。

第二の技術は蒸気と鉄道 (1829〜) で 1848–50 にバブルと恐慌を、第三の革命である鉄鋼と電気そして重工業 (1875〜) は 1890–95 に、第四の革命である石油と自動車そして大量生産 (1908〜) は1929–43 の大恐慌を、現在はセミコンダクタの発明をきっかけに第五の情報革命 (1971〜) のフェーズに入っていると言われています。

そしてコンピュータとモバイル、そして通信インフラが整い、そして 2000 〜 07 年のドットコムバブルと恐慌を通した今、情報通信という第五の産業革命は deployment period に入りつつあると Perez は 2013 年の論文で指摘しました。あるいは、2015 年までのソフトウェアやモバイル系スタートアップへの投資の活況を見ると、2000 〜 2015 年という長期スパンでバブルが起こっていたのかもしれません。

installation period では、金融屋による「お金を作るためのお金」として、投機的な投資がされるため結果的にバブルが発生して、恐慌を迎えます。

一方 deployment period では「ものを作るためのお金」として、長期的に価値を生むためのお金が投資されます。そして deployment period では多くの分野でその技術が利用され始め、その結果、その技術自体が機能として注目されることはなくなります。たとえば鉄道(とコンテナ)が輸送を変えて普通になり、電気が当然に使うものとして見えなくなりました(1900 年代には VP of Electricity がいたという話もあります)。

導き出されるこれからのフェーズと投資の動向

IT が deployment period に入ったとされる今、ソフトウェアはかつての電気のようにすべての産業で使われ始めると予想され、実際に様々な業界のソフトウェア企業が生まれつつあります。

http://reactionwheel.net/2015/10/the-deployment-age.html

だか Software is eating the world はまさに情報技術の deployment period、ソフトウェアのゴールデンエイジが来ているからそう言えるのではないかと、Perez の理論を使えば言えるのではないかと思います。

なお一方、金融屋の観点からは情報通信の分野ではスタグネーションが起こることになり (1970 年代の US の製造業でのそれのように)、投機の成功を求める人達は新しい産業へと投資を始めます。Y Combinator の Requests for Startups でバイオテクノロジやエネルギー、ナノテクなどが入っていることは次の技術サイクルを予見してのことかもしれません。

シュンペーターが分類したように、イノベーション(技術革新)にも様々な種類があります。今起こりつつあるイノベーションがまだ Installation Period なのか、Deployment Period なのか、どのフェーズのイノベーション(技術革新)で社会に価値を提供しようとしているのかを整理する際に、こうした Perez の議論は役に立つのではないかと思います。

Written by

The University of Tokyo, Ex-Microsoft, Visual Studio; “Nur das Leben ist glücklich, welches auf die Annehmlichkeiten der Welt verzichten kann.” — Wittgenstein

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store