ルールが変わる世界では真面目な人ほど不利になる

徐々にルールが変わるサッカーをプレイしている様子を想像してみてください。

最初はルールブック通りだったサッカーなのに、徐々に人数ルールが厳しくなり、6 人退場させられて 5 人でプレイすることを強制させられます。あるいはそうした明示的な反則が取られなくても、たまたまボールが手に当たっても反則を取られなかったことから、いつの間にかハンドが許可されていることに気づいた人がボールを手でつかみ始め、次第にみんな手でボールを運びだしてタックルしあっている、といったサッカーです。

そんなとき、手元にある古いルールブック通りの真面目なサッカーをしていると、その人は恐らく不利なゲームを強いられます。

手元にある少し古びたルールブックから今と将来のルールを推測して行動する、たぶん我々がビジネスやアカデミアで関わる世界はそんな世界ではないかなと思います。

ビジネスのパラダイムが変わるとルールが変わると言われています。そして昨今はパラダイムが変わるスパンが短くなっているようです。たとえばスマートフォンは PC と比べると圧倒的なスピードで普及し、IT 業界のビジネスルールや収益構造を僅かな期間で大きく変えました。

Image for post
Image for post
各テクノロジの普及率が 10% から 40% に至るまでの年数:https://ark-invest.com/webx0/quick-fire-spread-smartphones-tablets

テクノロジの普及のスピードが増す中、日本人はじっくりと時間をかけて物事を最適化したり卓越することが得意な一方で、ルールを作ったりルールに適応するのが苦手と言われ、スピード感のある市場の変化に合わせていくのは不利だとも言われます。もちろんそうした動きの遅さが結果的に功を奏して残存者利益を獲得することもあるので、一概に悪い性質だとも言い切れませんが、ただ市場が小さくなる中で個人のキャリアが危機に晒される可能性は高まります。

一つ上の抽象度で真面目になる

それはリスクや投資といった考え方を習わなかったという教育の問題もあるのかもしれません。私も工学系の学校に通っていたとき、そんな考え方を教えてもらったことはなかったように思います。

国全体が経済成長を遂げている時代は、目の前のことに真面目に取り組むことが最適解でした。徐々にそうではなくなってきている今は、一つ上のメタなレイヤー、つまりキャリアの戦略や自己投資といったレイヤーにおいて真面目になることが重要なのではないかと思います。

新しいルールを模索する

そのためには自分の興味関心に従って少しだけ逸脱すること、上のサッカーの例で言えば、失敗したときのダウンサイドリスクをカバーできる範囲であえて試しにハンドをしてみること。実世界ではたとえばサイドプロジェクトを始めたり、キャリア上の実験をすることではないかと思います。

そのとき重要な姿勢は、実験の多くが失敗するという前提で始めることであり、失敗の損失に対してリターンが予測不可能なほどに大きくなりそうなものに賭ける、という convex tinkering の考え方ではないかと思います。

Image for post
Image for post
Antifragile からの引用:figure 6. オプションライクな試行錯誤(fail-fast モデル)のメカニズム。a.k.a. convex tinkering (凸状のいじくりまわし)。最大値が既知の損失になるような低いコストのミスと、大きなポテンシャルのペイオフ(無制限)。ポジティブなブラックスワンの中心的な特徴であり、利得は無制限(宝くじとは異なる)であり限界は既知ではない。しかしエラーからの損失は制限されており既知である。

ゆとり (slack) がない状態では逸脱したり失敗する余裕もなくなってくるので、こうした逸脱ができる時期や状況は人によって異なると思いますが、学生の期間や若い年代であればそれができることが多いのではないかと思います。それをサポートする仕組みなども徐々に出てきているので、そうしたものをうまく使えば失敗の損失も最小限ですみます。

そして予測可能な損失のなかで予測不可能なリターンをもたらす手段の一つがスタートアップやサイドプロジェクトという形態です。自分の戦略の模索の際には、是非ひとつの選択肢としてスタートアップやサイドプロジェクトを工学部出身の学生の皆さんにも考えて欲しいなと思っています。

Written by

The University of Tokyo, Ex-Microsoft, Visual Studio; “Nur das Leben ist glücklich, welches auf die Annehmlichkeiten der Welt verzichten kann.” — Wittgenstein

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store