スタートアップでも使えるダッシュボードツール (2016 年 1 月)

スタートアップは様々なメトリクスを設定して、それを向上させるように日々改善を行うことが必要になってきます。

そのためにアナリティクスツールを使ってデータを取得するかと思いますが、その後ほぼ必ずその数字を見ながらチーム内でコミュニケーションが発生します。そのとき中心にあると便利なのが、様々なメトリクスを可視化したダッシュボードです。

エンタープライズをターゲットとした高価なダッシュボードツール (DOMO など) がありますが、今はスタートアップでも使える価格帯のダッシュボードツールが既存のアナリティクスツールと統合可能な形で提供されています。それらを使うことで、Excel 編集の手間や Excel 編集時のミスをなくすことなどができるので、場合によっては導入をオススメしています。

売上系ダッシュボード

売上系のダッシュボードの良い所は、「見るべきメトリクスのテンプレートがある」「決済サービスの Stripe などをつなぎ込んでおけばボードが自動更新される」という二点だと思います。

このジャンルのダッシュボードでは BaremetricsChartMogul やがよく使われている印象があります。その他、投資家とのコミュニケーション機能などがついた Visible もあります。

Image for post
ChartMogul のダッシュボード

Baremetrics では、自社のメトリクスをオープンにしているスタートアップのリアルな数字を確認することが出来ます。ぜひ一度見てみてください。

ユーザー行動系

ユーザーの行動を Google Analytics や Mixpanel などを使って記録していて、Retention などにメトリクスを置いて毎日追い駆けたい場合なども、ダッシュボードツールを使うと便利です。

(ちょっと高いですが)GeckoboardNeonmetrics などが、様々な解析系ツールと接続性が高く、データをすぐにビジュアライズしてくれます。また、Google Analytics の可視化に特化した Picnic Metrics などもあります。

Image for post

ただダッシュボードではある程度サマリーした数字しか出てこないので、きちんと分析したいときはアナリティクスツールを使って深掘りした解析を行う必要があります。

オペレーション系

開発やユーザーサポートなど、日々のオペレーションがうまくいっているかどうかをダッシュボードで表示したい、という場合もあるかと思います。

そういうときは様々なデータソースに対応し、カスタマーサポートの状況なども可視化できる Leftronic などを使うと良いかもしれません。

その他、プランニング用の編集&ダッシュボードツールである Opstarts もあります。また Trello のダッシュボードツールである Corello などは開発チームに受けるかもしれません。

その他

今回はダッシュボードを 3 種類に分けて紹介しました。全部を統合したツールもありますが、それなりに高価になってきます。自分たちのやりたいことと値段を秤にかけて、どれが最適なのかを考えてから導入してみてください。とはいえ他ツールと統合できるものは、とりあえずトライアルでサインアップしてみていろいろつなぎ込んで試してみるのが一番手っ取り早いかと思います。

その他、Product Hunt の人気順で並べておきます。

Growth Race (541) / Picnic Metrics (465) / Corello (362) / Neonmetrics (350) / Opstarts (275) / Statbot (225) / Compass.co (199) / Indiactive (162) / VentureFund.io (152) / ChartMogul (143) / Visible (112) / Content Tracker (101) / Geckoboard (97) / RJMetrics (81) / Baremetrics (70) / Chartio (65) / GoSquared (59) / Periscope (Analytics) (29) / Leftronic (0) / GoodData (0) / Metric Insights (0)

Written by

The University of Tokyo, Ex-Microsoft, Visual Studio; “Nur das Leben ist glücklich, welches auf die Annehmlichkeiten der Welt verzichten kann.” — Wittgenstein

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store